アーカイブ

Archive for the ‘設定とか個人メモ’ Category

解像度とFOV TF2

Counter-Strikeで640×480、800×600の解像度を使うとヘッドが当たり易いとか集団率が良くなる
というのは結構有名ですが
TF2にもちょっとしたトリックがあります。
実は解像度のアスペクト比によってFOVが変わってきます。

fov_desired 90 の場合のアスペクト比によるFOV
4:3 = 90°
5:4 = 86°
16:10 = 100°
16:9 = 106°

FOVの差によるメリットとデメリット

FOVの値が低いと
モデルが大きく見える為当てやすい。
視野が狭くなるため回り込まれると敵を見失いやすい。
※偏差撃ちが当てやすい
移動が遅く感じる

FOVの値が高いと
モデルが小さく見えるため当てにくい。
視野が広いため回り込みに強い。
※偏差撃ちが当てづらい
移動が早く感じる


※偏差撃ちの差の簡単な図を描いてみました。
黒マルが敵、赤マルが自分です。
FOV90のほうがFOV106に比べて
緑の線が短く適当に撃つだけで当たったりします。
FOV106は正確に偏差撃ちしないと当たりません。

Counter-Strikeみたいにこの解像度以外ありえない!
って事は無いですが頭の片隅に記憶しておくといいかもですね。

自分の考えとしては一番バランスの良いアスペクト比16:10の解像度をオススメします。
海外のプロの解像度、コンフィグを見てきましたが16:10を使ってる人が強い人が多いような気がします。
TLRとかCarnageとかSolid Snakeとか。

カテゴリー:設定とか個人メモ

Null-cancelling movement script

4月 29, 2011 2件のコメント

L4Dで楽にバニホ出来るscriptねーかなって探してたら気になるscript見つけた。

// Null-cancelling movement script
// (prevents you from pressing two opposing directions, which causes you to stop moving)

bind w +mfwd
bind s +mback
bind a +mleft
bind d +mright

alias +mfwd "-back;+forward;alias checkfwd +forward"
alias +mback "-forward;+back;alias checkback +back"
alias +mleft "-moveright;+moveleft;alias checkleft +moveleft"
alias +mright "-moveleft;+moveright;alias checkright +moveright"
alias -mfwd "-forward;checkback;alias checkfwd none"
alias -mback "-back;checkfwd;alias checkback none"
alias -mleft "-moveleft;checkright;alias checkleft none"
alias -mright "-moveright;checkleft;alias checkright none"
alias checkfwd none
alias checkback none
alias checkleft none
alias checkright none
alias none ""

説明が英語で詳しく理解できないけど
簡単に言うと

慣性の法則が働いて移動すると滑るからそれを無くすってスクリプト

ソースエンジンのゲームで使うといいみたい。
試しに使ったけど滑らなくなったような気がする。程度。

CS:Sはストッピングに影響出るから止めたほうが良い。
L4D2のTANKは確かに滑らなくなった。
TF2のソルジャーとデモマンで使うとロケジャン、スティッキージャンプのストレイフが微妙に出来なくなるので注意。
後銃弾が出る位置が一定の位置に固定されて発射されるようになります。(普通は移動で結構ズレてる)

使うか使わないかはあなたの好み次第。

カテゴリー:設定とか個人メモ

個人メモ CS1.6

//ATI Cards settings

ati_npatch “1”
ati_subdiv “2”
gl_polyoffset “4”

//NVIDIA Cards settings

ati_npatch “0”
ati_subdiv “0”
gl_polyoffset “0.1”

カテゴリー:設定とか個人メモ

fake ping

STEAMゲームでのcl_cmdrateを弄ることによって

スコアボードなどに表示されるpingを見かけだけ5にすることが出来ます。

外国の鯖でやりたいんだけど外人が「fuck lagger」など言ってきて

うるさいときに使うと大抵黙ります。

(highping kickプラグインが入ってると通常のpingですから蹴られますので注意)

やり方は簡単

cl_cmdrate +66 , +100

数字の前に+をつけるだけ。

ただし、デメリットも。

ヒットボックスが通常の時より変になります。

多分サーバーにデータを送る回数がsv_mincmdrateの値になってると思われる為。

カテゴリー:設定とか個人メモ

3フレームの遅延

2月 24, 2011 1件のコメント

Windows Vista / Windows 7 の環境で3フレームの遅延が起きてしまいます。

Windows XP の場合でも2を実行しないと遅延が起きます。

解決方法は

1.Windows Aeroの無効化

2.レンダリング前最大フレーム数を0にする

1.Windows Aeroの無効化

プロパティウィンドウ上の「互換性」タブをクリックします。

出てきたページの「デスクトップコンポジションを無効にする」にチェックを入れます。

2.レンダリング前最大フレーム数を0にする

NVIDIA GEFORCE と ATI RADEON で設定が違います。

NVIDIA GEFORCE

NVIDIAコントロールパネル » 3D設定の管理 » グローバル設定ページ » レンダリング前最大フレーム数

レンダリング前最大フレーム数の値を0にします。

ATI RADEON

ATi Tray Tools をダウンロードします。

インストール後、3D » フリップキューサイズ の値を0にします。

カテゴリー:設定とか個人メモ

マウスセンシビティ 計算式

1月 22, 2011 1件のコメント

マウスセンシビティの計算


マウスを変えた時、dpiの数値の違いでセンシビティが変わってしまいます

そのときの為のセンシビティの計算式です。

DPI × OS のセンシビティ倍率 × ゲームセンシビティ = センシビティ

OSのセンシビティ 倍率
1(左端) 0.025
2 0.05
3 0.25
4 0.5
5 0.75
6(標準) 1
7 1.5
8 2.0
9 2.5
10 3.0
11(右端) 3.5

私の設定を例に挙げますと

IE3.0 DPI 400

OSセンシビティ 6/11 倍率 1

ゲームセンシビティ 6.9

400 × 1 × 6.9 = 2760

となります。

もしRazer DeathAdderの900DPIに変えたとして上記と同じセンシビティにするとなると

2760 × 1 ÷ 900 = 3.06

ゲームセンシビティを 3.06 にすれば上記とほぼ同じセンシビティにすることが出来ます。

カテゴリー:設定とか個人メモ